大阪市西区 坪井眼科 白内障手術 レーシック  網膜・硝子体手術
厚生労働省認定 先進医療施設
550-0014 大阪市西区北堀江1-3-2
Being四ツ橋ビル3F
Tel.06-6538-4644
HOME > 手術一覧 > 緑内障手術

緑内障手術

イメージ

緑内障の診断

 40歳以上の約30人に1人が緑内障と言われていましたが、最近ではさらにより多くの人が緑内障に罹患していると報告されています。早期発見・早期治療によって失明という危険性を少しでも減らすことができる病気で、眼圧を下げることができれば、その進行を防止したり、遅らせたりすることができる可能性があります。

 当院では前眼部OCT(前眼部三次元画像解析)により、房水の出入り口である隅角の状態や、前房の深さを把握することができます。急性緑内障(狭い隅角が突然閉塞し、眼圧があがってしまう発作)の予防のためにも、浅前房の方には早期白内障手術をお勧めしています。また後眼部OCT(三次元眼底像撮影装置)は、視神経の周りの断層を撮影することができるため、神経の厚みに異常がないかを判断し、緑内障の治療に大きく貢献しています。

正常な視神経乳頭

正常な視神経乳頭

正常な網膜視神経線維層

正常な網膜視神経線維層

緑内障の視神経乳頭

緑内障の視神経乳頭

緑内障の網膜視神経線維層

緑内障の網膜視神経線維層

緑内障手術

緑内障は眼の中を流れ、眼球を保っている水が、神経を圧迫して見えなくなってしまう病気です。その水を多くの場合では点眼で低下させるためコントロールをしますが、点眼で目標としている眼圧へ低下させることが出来ない場合には手術を行います。
緑内障の治療としては、薬物療法・手術(シャント手術)などの様々な方法があります。緑内障手術は、多くの場合では点眼で眼圧をコントロールしますが、点眼では低下させることが出来なかった場合に行われる外科的治療です。大まかには、房水を眼外に染み出すように細工をする手術(トラベクレクトミー)と、繊維柱帯を切開して房水の排出をたやすくしてやる手術(トラベクロトミー)があります。また、エクスプレスを用いたインプラントによるトラベクレクトミーもあります。当院では、これらの手術も日帰りにて行っております。

閉塞隅角緑内障の場合、白内障手術をすることにより狭隅角が改善され、眼圧の上昇を抑えることができます。
急性緑内障発作の可能性が高い場合、早期の白内障手術をお勧めいたします。

白内障手術前

白内障手術前

白内障手術後

白内障手術後

PAGE TOP
メニュー

MENU

日帰り手術

Recent Information

夏のトリプルキャンペーン